個性的なイラスト風の建築プレゼン。 レンダリング・エンジンや面倒なテクスチャの調節なしで、アーティスティックなプレゼンができるので、建築家にも学生にもおすすめのスタイルです。 今日は、その描き方を実例で紹介します。 使用ソフト: スケッチアップ + イラレまたはフ...

イラスト風建築プレゼンの描き方

 
個性的なイラスト風の建築プレゼン。

レンダリング・エンジンや面倒なテクスチャの調節なしで、アーティスティックなプレゼンができるので、建築家にも学生にもおすすめのスタイルです。

今日は、その描き方を実例で紹介します。

使用ソフト:

スケッチアップ + イラレまたはフォトショ
(平面的画風なので、イラレの「ライブペイント・ツール」が便利)

作り方

ステップ1.





スケッチアップ模型を用意して、パースの角度を決めます。ここでは立面を使います。(スケッチアップで、「カメラ」→「標準ビュー」で、立面図を簡単に表示できる)。影もつけたままにしておきましょう。



ステップ2.


イラレで色を付けやすいように、スケッチアップ内で同じ部材には同じ色をつけておきます。


ステップ3.


この画風は色がとても重要になってくるので、時間をかけてカラーパレットを選びましょう。Adobe Kulerか、NIPPON COLORSも個性的でおすすめです。


ステップ4.


スケッチアップ模型を「PDFで印刷」して、イラレで開きます。線はのちに消去するので、隙間ができないように、イラレ内でできるだけ細く調節しましょう。

それができたら、さっき決めたカラーパレットで着色をしていきます。イラレの「ライブペイント」を使うと一瞬でできます。

影は同じ色の明度を下げて表現します。こういう風に:



ステップ5.


新しいレイヤーを用意して、ガラスを描きます。このレイヤーを半透明にして、リアリティをだしましょう。

こういう風:



ステップ6.


新しいレイヤーを用意して、影をつけます。黒でスケッチアップの影をなぞればOK!

ただし、ガラスの内側の影はワントーン明るい色を使います。



ステップ7


最後に、スケッチアップで作られた線画を消去して、完成!!


いかかでしたか。分かりやすいようにここでは単純な例を紹介しましたが、

この画法を立面のレンダリングだけに使うのはもったいないです。参考事例を見て、もっと複雑なパースも描けるようになりましょう。

 
Copyright ©