下手したら平面図よりも奥が深いダイアグラム。学校でも求められますし、実務でもよく描かされます(涙) しかし、系統的に教えている教材はすくなめ。そこで今日は、私が普段ダイアグラムを描く時に気を付けていることをまとめてみました。

建築コンセプトダイアグラムの描き方 1:ダイアグラムの参考事例

 
下手したら平面図よりも奥が深いダイアグラム。学校でも求められますし、実務でもよく描かされます(涙)

しかし、系統的に教えている教材はすくなめ。そこで今日は、私が普段ダイアグラムを描く時に気を付けていることをまとめてみました。

ダイアグラムの目的


私はよく、以下のような目的でダイアグラムを描きます。
  1. パブリックとプライベートの関係を示す
  2. 複数の案を比較する
  3. 建築が生まれた過程を示す
  4. 建築の構成を示す
他にも色々あると思いますが、とりあえず自分の設計に対し、これらを描けるようになりましょう。

実際のダイアグラムで見る

では、実例で見てみましょう。ダイアグラムを勉強する一番の方法は、「ダイアグラムをの実例を見ること」なので(断言)。

パブリックとプライベートの関係を示す



建築では、パブリックとプライベート空間の関係を非常に大事にします。シンプルな白黒で塗り分けます。

上は、レムクルハース設計の図書館の断面図。黒がプライベート空間(本など)、白がパブリック空間(読書スペースやカフェ)を表しています。こうやって断面図でダイアグラムを描くことあるのを覚えておきましょう。

白と黒のような真反対の色は、グラフィック的にインパクト大ですね。

ちなみに、レムクルハースのダイアグラムは分かりやすく、実際に建った建築も多いので、ダイアグラムと実際の建物を見比べると非常に勉強になります。


複数の案を比較する


複数の案や、敷地を比較したい時に、このように並べて比較すると分かりやすい。

上はThe Endless City(Ricky Burdett著)という本から。香港、ニューヨーク、メキシコシティ、ロンドンの地図の上で、人口密度を示しています。香港の人口密度がかなり高いことが分かりますね。数字で示されるよりもインパクトがあるし、分かりやすい!


建築が生まれた過程を示す


私がよく参考にするのデンマークの事務所「BIG」のダイアグラム。

上は「Faroe Islands Education Centre」のダイアグラム。簡潔に建築の生成プロセスを示しています。

左半分では、まずこの建築に入る「プログラム」を並べています。右半分は実際の建物を色で表しています。

このダイアグラムから以下が分かりますね:一学科がワンフロアにあること、どの学科も丸い公共空間空間を囲むように配置されていること、それぞれの学科は他の学科と交わらない自分だけの空間を持つこと

BIGはこのようなコンセプト模型を公式サイトで多数公開していて、とても参考になります。

建築の構成を示す


同じくBIGのダイアグラム。

アクソメ(平面と立面二面を同時に示す図面」)です。アクソメ1つでも十分多くの情報を伝えられますが、このように中身を取り出すと、「実体模型と同じ量の情報量が伝えられる」のです。

やり方もとても簡単。スケッチアップで作った3D模型があれば、5分でできます。具体的な方法は次回で。

 
Copyright ©